新日本工機株式会社採用サイト 新日本工機株式会社採用サイト

S. F.

大事なのは何でも「やってみよう」というチャレンジ精神

カスタマーEG 主任 / 2008年入社

S. F.さん

Q.職場の自慢を教えてください。

自分は工作機械操作のプロフェッショナル。

私はカスタマーエンジニアリング(C-EG)という職場で働いています。お客様が新しい機械を検討されている際に、お客様の製品加工に最適な機種の検討や加工方法・加工時間の検討などを行ってお客様にご提案します。先日もお客様の製品を当社の機械で加工した場合のプログラム作成を行うなどしました。
また、私たちは新日本工機の機械を操作するエキスパートでもあり、お客様が新たに機械を導入された際の操作指導も行います。昨年はインドと台湾のお客様に操作指導に行きました。今年は中国への渡航も予定しています。入社して早い段階から海外で仕事ができるのもこの職場の魅力の一つだと感じています。

 

 

Q.関わった仕事で印象に残っていることは、なんですか?

お客様の声を大切により良い提案ができるように日々精進。

私たちの仕事の一つに生産性向上や自動化に向けた生産技術の提案があります。お客様の設備構築段階から私たちが一緒になって検討を行うこともあります。今まで印象に残っている仕事は三か月間お客様の工場で製品の試削りを行ったことです。製品精度や加工時間が目標内に無事加工できた時はとても達成感がありました。新日本工機の工作機械を購入検討しているお客様の製品は一品一様です。過去の経験からより良い提案ができるように心がけて仕事をしています。

 

 

Q.入社を考えている皆様へ

チャレンジ精神で苦手を克服!

営業職として活躍されている方もこのカスタマーエンジニアリングの職場を経験されている方が多くいらっしゃいます。お客様と直接会話することが多くあるのでコミュニケーション能力が必要になります。私は就職活動で自分自身をアピールすることが苦手でした。入社してから様々な先輩に指導を受け、お客様の元に操作指導する経験を増やすことで苦手を克服できたと思っています。大事なのは何でも「やってみよう」というチャレンジ精神です。どの職場でも言えますが、新日本工機は「やらせてみる」風土があります。工作機械業界で産業を支える一員になりたいと考えている方お待ちしております。

その他社員インタビュー

採用担当に
今すぐメッセージ